「サラリーマンでもマンションに投資する人が増えているって聞いたけど?」「老後の資金のためにマンション経営が良いというのは本当かな?」「投資用マンションは、税金対策にも良いと言うけれど?」

おそらく、それぞれ色々なきっかけでマンション投資に興味を持たれたことでしょう。

マンション投資。別の言い方をすれば、新築や中古のマンションを購入し、それを賃貸物件として貸し出して、家賃収入を得ること。つまり、マンションのオーナーになって、その物件を経営することです。

投資や経営というと大がかりなイメージがありますが、マンション1棟を建てて経営するのではなく、分譲マンションの1部屋を購入し、それを必要としている人に貸し出すと考えれば、もう少し身近に考えられるかもしれません。また、投資という言葉から、どこか掛け事のようなイメージを持って敬遠される方もおられるかもしれません。しかし、マンション投資は、ここ10年ほどの間に安定的な資産運用の方法の1つとして認識され、投資用にマンションを購入する人の層が広がっています。多くの入門書や解説書が出版され、雑誌で特集が組まれることもあります。

では、マンション投資の一体何が魅力的なのでしょうか?

まず、マンション投資には、金融商品など他の資産運用の方法に比べて高い利回りが得られるというメリットがあります。また、購入金額と売却金額の差で稼ぐキャピタルゲインを狙うのではなくではなく、長期的かつ着実に収益を上げていくローリスク・ロングリターンであるということも多くの人に資産形成の方法として支持される理由でしょう。さらに、ローンが活用できること、節税効果があること、実物の資産であること等も大きな魅力です。

このサイトでは、これらのマンション投資の魅力を一つずつご紹介していきます。また、せっかくの投資で失敗しないために、どのようなリスクがあるのか、マンション投資がなぜ注目されているのかといった社会情勢や、どのようなポイントに気を付けて物件を選ぶのかも、あわせてご紹介していきます。